第3回 みんなが悩んでる…志望動機ってどう書く?

私たちの相談室に、よく寄せられる質問…「志望動機が書けないんですけど、どうしたらいいんですか(泣)?」。

履歴書でいちばん気合を入れて書くのに、いちばん書きにくい部分ですよね。
つい、「貴社の製品が好きで、経営理念に共感しました」というような、当たり障りのないコメントを記入してしまいがちです。

応募先によって、効果的な書き方は変わってきますが、「志望動機をわかりやすくまとめるコツ」はあります。
まずは、次の3点を、手近なメモ用紙に書き出してみてください。

(1)その仕事ができると思ったわけ
全くできないと思った仕事には応募しようと思わないはず。
応募を決めたからには、「できる」と思った部分がありますよね。
それはどこでしょう?
なぜそう思ったのでしょう?

例:
以前、同じ業種で働いていたから。
「未経験でも1から教えます」と書いてあるから。
職業訓練を受けた内容に近いから。
客として利用したことがあり、仕事内容がなんとなく予想できたから。
など

(2)もし採用になったら使えそうな経験や能力はあるか
応募先の業務と似た作業の経験があれば、それを書き出してみてください。
もし今までの経験とまったく関連のない業務でも、何か共通点がないか、想像してみてください。
業務経験以外でも、少しでも応用できそうな能力があれば書いてみましょう。

例:
サービス業経験者なので、明るい挨拶や感じのいい受け答えができると思う。
ずっと運動を続けているので体力がある。
製品は異なるが、製造業に勤務していたので、現場の雰囲気がわかる。
根気のいる作業が苦にならない。
など

(3)そこで働いている自分はどんなふうに活躍するか
採用になって、働き始めた自分の姿を想像してください。
どんなことをがんばっていますか?
何に打ち込んでいるでしょうか?
どんなふうに、まわりの方の役に立てているでしょうか?
「このことがうまく行ったら、特別ボーナスが出るかも!」というくらい想像をふくらませてみてください!

例:
貪欲に先輩方の技術を吸収し、腕を上げていい製品を作る。
上司や同僚の指示を「ハイ!」と元気よく素直に受ける。
体力に自信があるので、休まず末永く働く。
何時間でも集中して一つのことをやり遂げる。
など

…いかがでしょうか。3点、書けましたか?
ここまでは、あまり難しく考えず、素直に思ったことをメモにしてみてください。
たくさんあったら、たくさん書いて、その中から選ぶ方法も有効ですので、どんどん書いてくださいね。

たとえばこんな3点だったとしましょう。
「細かい作業が好きだから目視検査ができると思った。
 黙々とやる作業は今までもずっとしていた。
 小さな傷も見逃さない。」

これを文章としてきれいにまとめるのですが、その際、
・あいまいな表現は、具体的に
・自分の主観だけのものは、客観性をもたせて
・数値化できるものは、数値化する
を考慮すると、ぐっと仕事向きの文章になりますよ。

<例>
「過去5年間、製造業の現場軽作業に従事してまいりました。
 部品の管理や組み立てなどの作業が好きです。
 目視検査の経験はありませんが、前職では上司から『集中力が高い』と評価されていました。
 小さな傷も見逃さない正確な検査で貴社のお役に立ちたいと思い、応募いたしました。」

「ずっと」を数値化し、「細かい作業」の例を出して具体化しました。
前職での上司や同僚からの評価は、客観性があって、信頼できます。

さあ、あなたの3点はどんな内容でしたか?
数値化できるところはありますか?
あいまいな表現は、別の言葉に言い換えてみませんか?
自分の気持ちだけでなく、客観的な視点で見直せるところはありますか?

それでも
「うまくまとまらないよ〜(泣)」
というときは、ぜひ私たちに直接相談しにいらしてくださいね。
あなたらしい志望動機を、就労支援相談員と二人三脚で一緒に考えてみましょう。

おしごと探しのなやみごと、なんでも無料相談窓口

ワークサポート三条 (三条市就労支援相談室)
〒955-0852 新潟県三条市南四日町1-15-8 ソレイユ三条1F TEL/FAX 0256-32-5262

開設時間 月~金(祝日、12月29日~1月3日を除く)10:00~18:00

予約がなくてもご利用いただけますが、お待ちいただく場合があります。
来所前にお電話で空き状況を確認することをおすすめいたします。