三条市の魅力

三条市って…?

三条市は新潟県のほぼ中央に位置しており、総面積は約432㎢、人口は約10万人です。新潟県のほぼ真ん中、「県央地区」と呼ばれている地域にあります。東京からの交通アクセスは良好で、上越新幹線では約2時間で燕三条駅に、関越自動車道では約4時間で三条・燕インターに到着します。

お隣の燕市とともに「燕三条」という愛称で呼ばれているので、ご存知の方も多いかもしれません。

イメージ

平成17年5月に三条市、栄町、下田村が合併して現在の三条市が生まれました。旧三条市の地域は市役所本庁舎や市街地が広がり、旧栄町の地域は広大な農地と安心して暮らせる子育て施設があり、旧下田村の地域は豊かな自然があります。

清らかな水と輝く緑に恵まれた自然豊かなまちです。仕事終わりに、市街地から車を20~30分ほど走らせれば、自然を楽しみながら入浴できる市内の日帰り温泉でゆっくりと温泉に浸かることができます。また、同じく車で30分ほどで日本海に沈む鮮やかな夕日を望むこともできます。こちらの移住のイメージ映像をご覧ください。ここ三条市には、日常のすぐ隣に非日常が待っているのです。

三条市はものづくりのまち

三条市は「ものづくり」のまちで、金属製品製造業を中心とした中小企業の集積地です。その産業の基礎となった鍛冶(かじ)の技術は、現在も広く地域に息づいており、自信をもって世界に誇れる技術です。

三条市にはこういった技術を持った企業がたくさんありますが、その企業の皆さんを取材をして、「ものづくりの魅力」を紹介したホームページ「日々是ものづくり」をぜひご覧ください。

「日々是ものづくり」(「三条ものづくり学校」のホームページより)

三条市に住むと…?

就労先としてだけではなく、移住・定住先としても三条市を選択肢のひとつとしてみませんか。ただ、三条市に住むといっても、生活情報や地域の情報、お金の話など、知っておきたいことがたくさんあることと思います。詳しい情報はこちらのホームページ「三条市 定住ねっと」をご覧ください。

三条市 定住ねっと

また、國定勇人三条市長は東京都千代田区出身の移住者です。市長はのブログの中で、三条市での生活や移住について時々つぶやいていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

三条市長日記